デリヘルを自宅に呼ぶコツとは

デリヘルを自宅に呼んで恋人気分を味わいたい!そんな方必見の自宅に呼ぶコツをご紹介。

皆さんはデリヘルを呼ぶときにどこに呼びますか?一般的にはラブホテルやビジネスホテルが多いんじゃないでしょうか?しかし自宅に呼んだらホテル代もかからないし、ホテル用にプライベート感を味わえ疑似恋人体験が出来るのでやっぱり自宅に呼びたいですよね。今回はそんな方必見な自宅に呼ぶときの注意点や呼ぶときのコツをご紹介したいと思います。

自宅にデリヘルを呼ぶときの注意点は大きく分けて3つです。まず一つ目が部屋の綺麗さ、そしてデリヘル嬢が喜ぶポイント、最後がデリヘル嬢の記憶に残るポイントです。この3つを覚えておけば自宅でも最高のプレイを味わう事が出来ます。ではさっそく1つ目の「部屋の綺麗さ」から詳しく説明していこうと思います。

これは言わずもがなって言う感じですよね。裸になり抱き合ってプレイをする部屋が服が散乱した汚い部屋だったり、ダニが居そうな汚い布団だったり、部屋が臭かったり。第一印象でデリヘル嬢は「汚い。早く帰りたい。」と間違いなく思ってしまいます。どんなにイケメンでプレイが上手くてもデリヘル嬢は愛想笑いをする事しか出来ません。特に注意したい場所はお風呂とベッド・布団です。どちらも女の子が裸で使う場所なので特に注意して掃除しておきましょう。

次は「デリヘル嬢の喜ぶポイント」です。これは意外と気付かない方が多いですが新品のバスタオルを用意する事です!お店によっては自宅に派遣される時に持ってくる所もありますが、ないお店も多いので出来る事なら用意しておいた方が良いです。デリヘル嬢あるあるの中には汚げなタオルで身体を拭きたくないという意見もある程です。タオルだけじゃなく新品の歯ブラシも用意しておけばさらにgood!

そして最後が「デリヘル嬢の記憶に残るポイント」です。もちろんいい意味で記憶に残りたいですよね。これは意外と実践されている方も多いと思いますが出前を頼んだり、お土産をあげる事です。「この人お金持ってるなー」「優しいなー」と思われる事で間違いなくいつも以上に良いサービスを受ける事が出来ます。次に呼ぶときに何食べたいか教えてーって感じで自然に連絡先を聞くこともできます。意外とご飯を食べるタイミングがないデリヘル嬢なので喜ばれます。

以上3つのポイントを抑えておけば基本女の子を喜ばせ良いサービスを受ける事が出来ます!自宅での素晴らしいデリヘルタイムを味わいたいって方は是非試してみてはいかがでしょうか。

メニュー