質屋ってどういう物なの?

危ない、怖いイメージがありがちな質屋さん。実はとても便利なお店なんです。

よくブランド物のバッグやブランド物の時計などを質屋に入れたなんて話を聞く事がありませんか?リサイクルショップや買取業者がたくさんあるのになぜ質屋なんだろう、なんか昔から怖い、怪しいというイメージがある、そんな方が多くいると思います。今回は質屋がどんなものかを分かりやすく説明したいと思います。

質屋を簡単に説明すると品物を担保にお金を借りたり(質預かり)、不要な品物を売ったり(買取)することができる場所です。「質預かり」と言うのは、大切な品物を手放さずにお金を借りることができる、質屋ならではの便利なシステムです。「急にお金が必要になった」「今月ちょっと足りない」なんて言うときに便利なんです。

「質預かり」は、品物を担保にお金を借りれるシステムです。質屋と言うのはなんと鎌倉時代から続くもので、品物があればだれでも利用する事が出来ます。品物を担保とするため、銀行などの金融機関のような複雑な審査もなく、短時間で融資を受けることができます。お客様の品物をお預かりし、お金と質札と言うものを渡します。基本的に「質預かり」の期限は3ヶ月で、この間に元金と質料(利息)支払えば、品物が返ってきます。質料のみを支払えば期限を延長することもできます。 質入れしている品物がもういらない、諦めると思ったら元金と質料は支払する必要はありません。その品物は質屋さんの物になります。

リサイクルショップなどの買取業者と質屋の違いはと言うと、リサイクルショップでは品物の売買しかできませんが、質屋では質預かりができるという点です。質屋は質預かりだけでなく、リサイクルショップと同じような一般的な買取もしているので大変便利なお店なんです。

家庭の事情などで金融機関を使えないって言う方でも品物さえあればお金を借りる事が出来るし、お金を借りるとなると一番怖いのが取り立てですが、担保があるので怖い取り立ても一切ありません。

鎌倉時代から続く様な歴史の深い便利なお店なので困ったり、興味がある方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

メニュー

カテゴリ